十割の米粉パン製造所_こめひろ に行く

東京 武蔵境にある
米粉パン専門のこめひろさんへ。

米粉パン専門ということでに興味津々。
近所でずっと気になっていたけれど
タイミング合わずで1年越しかな。

米粉パンへの課題意識

主に3点

1、米粉と小麦のコンタミ
2、味について
3、米粉の単価について

1、米粉と小麦のコンタミ

営業日数が限られる中で
小麦パンと同タイミングでの作成だと
小麦とコンタミしちゃうので
作成タイミングが難しい。

”小麦を使う工房で作ってる”って
表記の明記はもちろんするつもりだけど
米粉100%ってなると
アレルギー対応だと思っちゃう方もいると思う。
 
アレルギーって命に関わる話だから
かなり気を使います。

2、味について

柳田かおりさんに
100%米粉パンの製造を習いに行って

練習してかなりいい感じに
美味しく焼けるようになりました。
 
かおりさんの米粉パンを初めて食べたとき、

『こんな美味しい米粉パンがあるなんて!
今までの米粉パンってなんやったん?』

ってめっちゃ感動したんです。

ただ米粉パンは米粉パン、
小麦パンは小麦パンなんですよね。
別物なんです。
 
もちろん米粉パンは米粉パンの良さがある。
グルテンフリーとかね、
飽きずに食べられるとか。

めっちゃ美味しい米粉パンを食べた上での
個人的な嗜好として
小麦パンの方が味が好きやなぁと。

米粉の製粉方法など進化していると思うので
より美味しく変わるかもで
もちろん改良の余地ありです。

(かおりさんが米粉パンへの情熱を持って
作ったレシピを超えるものを作れるとは
なかなか思えないけど。。。)

3、米粉の単価について

米粉はおよそ小麦の2倍くらいの価格。
原価が2倍になっても
価格に2倍はつけられないよなぁというのが本音。

こめひろさん到着

なんかヒントになるといいなぁと思いながら
こめひろさん到着。

きれな店構えで素敵です。
ディスプレイも見やすい。
勉強になります。

将来的に販売するかもで
価格なども参考にさせていただく。

そして、何個か買ってきました。

いよいよ実食

さつまいも米粉パンと
マルゲリータ(米粉生地)と
米粉チーズケーキ。
 
さつまいも米粉パンは、みっちりもっちり。
さつまいももええ感じです。
なかなかな密度で少量でお腹いっぱいです。

マルゲリータは
みっちりもっちりがより生かされていて
すごい美味しかった。
食パン系よりこっちの方が好きかな。

(米粉チーズケーキは明日食べます。)

まとまってないまとめ

 
コンタミ防止を第1に考えると
米粉パンはイベントの時とかに単独で
マルゲリータ、米粉ピザとかにして作ろうかな。

あ、米粉パンを専門にしてる、
とかウリにしてるわけじゃないから
あやぱんを知ってもらうのに米粉パンでよいのか!?

これではイベントに出店する目的からすると
本末転倒やな〜。

ぐるぐる。

まだまだ模索は続きます。

—————————————–

-あやぱん工房-
幸せのパンをお届けします
https://ayapan-kobo.shop-pro.jp/
 
〜3月販売状況〜
第1週目:完売、第2週目:完売、
第3週目:完売、第4週:残2

—————————————–
初めての方はこちらへ
あやぱん工房:HP
http://ayapankobo.wixsite.com/ayapankobo-top
オンラインショップ
https://ayapan-kobo.shop-pro.jp/
—————————————–

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

あやぱん

通販専門のパン屋「あやぱん工房」店主。 大手ITシステム会社に12年勤務し、パン屋として独立。 「あやぱんは幸せの味」がコンセプト。食べるみんなが”ふんわり優しく幸せな気持ち”になって、誰かにおすそ分けしたくなる、そんなパンを作ってます。 今後はパンに関わらず食全般を通じて安全や笑顔をどのようにもっと多くの人へ届けられるか模索中。