行くぜ!ランプの里、青荷温泉!!その3、温泉とデジタルデトックス

ランプの幻想的な灯りでお迎え

東京から8時間、
やっとこさランプの里、青荷温泉に到着。

出発からの記録はこちらへ

行くぜ!!ランプの宿 青荷温泉!!その1、温泉旅行は突然に

2018.12.26

行くぜ!!ランプの宿 青荷温泉!!その2、片道8時間かかったよー。

2018.12.27

青荷温泉に到着が16:30、
こちらでは日が暮れるのも早くて
もう薄暗くなってきています。

30年前の状態を維持されてるらしく
電気ではなくランプ。
もちろん携帯の電波もはいりません。

2泊3日のデジタルデトックスです。

早速、晩御飯です。

大広間の中心に岩魚が刺さっていて
ご飯とお味噌汁がセルフです。

岩魚の塩焼きと山菜や鴨鍋、いかめんちなど
素朴で心温まるメニューです。

ご飯が美味しいっ!!

つがるロマンという品種らしいのですが
採れた土地のお水で炊いているというのも
美味しいポイントだと思ってます。

それに増して、お水が美味しいっ!

飲んでも引っかかることなく
スーッと体の隅々に染み込んでいく感じ。

H2Oレベルでは一緒なんだろうけど
お水の粒子が細かいような感じがしました。

4つの湯めぐりが楽しめます

青荷温泉には、
健六の湯、滝見の湯、内湯、露天ぶろの
4つのお風呂があり湯めぐりが楽しめます。

健六の湯

滝見の湯

内風呂(掃除してたので撮れなかったどす)

混浴露天風呂(レディースタイムあり)

露天風呂は、外気が低いので
お湯の温度ががちょっと低くて温水プールでした。
(夜だと暗いから混浴でも全く見えないと思われます。)

一番好きだったのは、健六の湯

1泊2日で帰る人が多いようで
2連泊の朝昼はほぼ貸し切り。

 

今ここに戻れる

電波も通じないので
SNSを見たりして
暇つぶしをするわけもいかず

お日さまとともにおきて
楽しみは食事とお酒と温泉、
そして、友との語らい。

まったりした時間となりました。

ただぼーっとしてると
川のせせらぎが聞こえてきて
その音に委ねてたらうとうと眠ってて。

そして、
電波がない開放感があることに気がつきました。

目の前にあることが世界の全て。

電波があって
オンラインで繋がっていられるということは

今ここにいない遠い人に対して
エネルギーを飛ばしているということ。

いつでも、すぐに、という便利なメリットが
そのままデメリットになる。

もちろん強制はされていないですが
無意識的な緊張感があるんだなと。

SNS大好きではな私ではありますが
時間を決めるなど付き合い方を見直すのもいいなと感じました。


あやぱんの落書き。
他の子供さんがさらに絵を追加してくれて、
素晴らしいコラボになってたのに撮り忘れた。

また次回は、新緑の時期に青荷温泉、
白神山地や酸ヶ湯温泉や蔦温泉などを巡る旅がしたいなぁ。

【お知らせ】あやぱん通販は一旦ストップしています

現在、定員いっぱいのため定期便の受付を一旦ストップしています。
再開時はメールマガジンでお知らせいたしますので、ぜひご登録ください。

季節限定品の先行販売やイベント情報なども、いちばんにお知らせします。

たとえば、毎年クリスマス前に完売してしまうシュトーレンもいち早くメールマガジンで販売開始。
昨年は嬉しいことに1日で60本のお申し込みがあり、一般販売分はわずかとなりました。

その他にも、パンに関するコラムなどをお届けします。

解除はいつでもできますので、お気軽にご登録ください。

NY muffin@新中野

〒164-0012 東京都中野区本町4丁目29−3(NY Muffin 内)(googlemapで見る)  (メトロ新中野駅からの道順はこちらから)
 
 

▼ 他での情報発信はこちら ▼
★Facebook https://www.facebook.com/ayapan20140701
★instagram https://www.instagram.com/ayapankobo/
★Twitter https://twitter.com/ayapankobo

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

あやぱん

通販専門のパン屋「あやぱん工房」店主。 大手ITシステム会社に12年勤務し、パン屋として独立。 「あやぱんは幸せの味」がコンセプト。食べるみんなが”ふんわり優しく幸せな気持ち”になって、誰かにおすそ分けしたくなる、そんなパンを作ってます。 今後はパンに関わらず食全般を通じて安全や笑顔をどのようにもっと多くの人へ届けられるか模索中。