<ドライブ編>青い海・青い空な小旅行!in 唐津

最近、福岡や佐賀にご縁がある

栗拾いでお伺いしたのも福岡、佐賀。

実家の大阪や東京近郊の居住地区を除き
一番来訪が多い場所になりつつあります。

福岡、佐賀はほんとに美味しいし
ええところやと思います。

こんな感じでもっとご縁が深くなって
その土地に呼んでもらえたらいいな〜と思ってます。

ということで、あやぱん
勝手に福岡佐賀の観光大使に就任!!

東京から土日で1泊2日で
みっちり楽しむ小旅行始まり始まり。

飛行機はこちらで。

往路:東京(羽田)(07:25) – 福岡(09:15)
復路:福岡(20:50) – 東京(羽田)(22:30)

自宅を出たのは、早朝5時!!!

なかなかな強行スケジュール、
羽田から飛行機でギュイーンと福岡空港へ。

今回のドライブルートは海岸線!

天気も良く海がとっても綺麗です。

福岡糸島の海岸を気持ちよくドライブ!

福岡の糸島は今、かなりアツイ地域です!

どこかのリゾートかと思うほどの
海の透明度と青い空。

オシャレなカフェなども多く晴れの日なら最高です。

糸島の桜井二見ヶ浦でパチリ。

この鳥居の本殿の櫻井神社、櫻井大神宮もオススメです。

姉子の浜鳴き砂浜

歩くとキュッキュッと鳴る不思議な海岸

二丈パーキングエリアのすぐ下に、長さ1.1㎞、幅20mの弓状に広がる姉子の浜があります。この砂浜を歩くと、キュッキュッと不思議な音がします。これは石英の粒子が擦れあって鳴る音で、ゴミが少なく美しい砂である証しです。過去に一度鳴かなくなりましたが、水質浄化の結果、再び鳴き始めたという全国でも例がない海岸です。

糸島市観光協会HPより


虹の松原を通り抜けて唐津へ

唐津湾の海浜に続く虹の松原(にじのまつばら)

国の特別名勝で、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原のひとつに数えられる景勝地です。長さ約4.5km、幅約0.5kmにわたり、約100万本のクロマツが群生しています。その歴史は古く、17世紀初め初代唐津藩主寺沢広高(ひろたか)が防風・防潮のため、海岸線の砂丘にクロマツを植林したのがはじまりとされています。また、虹の松原は数々の不思議な伝説がある場所でも有名です。

佐賀県観光連盟HPより

なかなか長いのです。

海も行きましたが、海岸はそんなに綺麗ではありませんでした。

さあ、唐津につきました!

これからお昼ご飯です꒰*´∀`*꒱

【お知らせ】あやぱん通販は一旦ストップしています

現在、定員いっぱいのため定期便の受付を一旦ストップしています。
再開時はメールマガジンでお知らせいたしますので、ぜひご登録ください。

季節限定品の先行販売やイベント情報なども、いちばんにお知らせします。

たとえば、毎年クリスマス前に完売してしまうシュトーレンもいち早くメールマガジンで販売開始。
昨年は嬉しいことに1日で60本のお申し込みがあり、一般販売分はわずかとなりました。

その他にも、パンに関するコラムなどをお届けします。

解除はいつでもできますので、お気軽にご登録ください。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

あやぱん

通販専門のパン屋「あやぱん工房」店主。 大手ITシステム会社に12年勤務し、パン屋として独立。 「あやぱんは幸せの味」がコンセプト。食べるみんなが”ふんわり優しく幸せな気持ち”になって、誰かにおすそ分けしたくなる、そんなパンを作ってます。 今後はパンに関わらず食全般を通じて安全や笑顔をどのようにもっと多くの人へ届けられるか模索中。